飛燕(三式戦闘機)見てきました。

神戸ポートターミナルで行われている川崎重工創業120周年記念展で、レストアされた三式戦闘機「飛燕」を見てきました。

 

「飛燕」が展示の目玉ではありますが、レストア内容と、現代のオートバイ「Ninja H2/H2R」に繋がる加給エンジンのルーツ的な展示になっていました。

 

で、復元された飛燕ですが、極力オリジナルを残し、全体の雰囲気を伝えるために欠損部分を付加した感じで、文化財としてふさわしく、素晴らしいものでしたが、その、オリジナルと付加された新しい部材の組み合わせが、なんか、遺跡から発掘された土器や恐竜の骨みたいで、私にはその様子が「生きた機体」じゃないんだなと感じて、少々哀しく感じてしまいました。

 

 

JUGEMテーマ:航空機

| カテゴリ:日々の徒然 | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


ローテーターラチェット買ってみた。

以前、TV番組「所さんの世田谷ベース」で紹介されていた、Stanleyの「ローテーターラチェット」。

グリップをツイストすることでも廻せるラチェットハンドルで、狭いところで役立ちそうなんですよね。

私も、欲しいと思っていましたが、値段がちとお高い(笑)。

 

で、いろいろ検索して、買ってみました...Stanleyじゃないものを(苦笑)。

台湾の「HUSKY」製品です。

Stanleyの特許を用いているので、基本的にStanleyと同じです。

 

というか、HUSKYの工具はStanleyが作っているらしいので、実質的に色とブランドが違うだけとか?。

 

 

JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ

| カテゴリ:日々の徒然 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


日本航空学園の航空祭に行って来ました。

先日、石川県穴水のほうに行ってみると、道路脇に「航空祭」と書かれた看板がありました。

そうか、日本航空学園の航空祭(学園祭)なんだなと察して、行ってみました。

 

自衛隊の展示もありましたし、ソシラドエアもブース?を構えていました。

あと、キャビンアテンダントっぽい服装の人をよく見かけるなぁと思ったら、航空学園故に、航空ビジネス科の学生さんなんですな。

(パイロットや整備士だけじゃないんだ(苦笑)。)

| カテゴリ:日々の徒然 | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


ほくてつ電車まつりに行って来ました。

ほくてつ電車まつりに行って来ました。

 

排雪モーターカー、いつの間にか協三工業製に置き換えられたんですね。車番はDL71ですか。

以前は、MCR4タイプのDL31だったのですが。

 

除雪用に残されている機関車ED201です。機関車と綱引きというイベント用にロープが繋がれているんですが

 

スノープラウを付けた時って、このような棒連結器が使えるようになっているんですね。

 

車庫内にあった仮台車。TR26なのかな。

能登線で使われていた気動車のものなんでしょうね。

 

 

JUGEMテーマ:鉄道写真

| カテゴリ:鉄道 | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


河合商会のワフ35000の尾灯を点灯化してみる(2)

LEDを組み込みました。

普通は、LEDと直列に電流制限抵抗を入れるだけなんですが、ここではLED(+LEDと直列の電流制限抵抗47Ω)と並列にツェナーダイオード(3.3V)を入れています。(更に、ツェナーダイオードと直列に電流制限抵抗470Ωを入れています。)

 

↑点灯させてみたの図。

 

あとは、車輪からの集電ですね。



河合商会のワフ35000の尾灯を点灯化してみる(1)

十ン年ぶりに、近所の模型屋さんに行ったら、河合商会のワフ35000型3両セットがあったので買ってきました。

かなり昔に、販売元倒産の為、絶版になっているんですが、残っているものですね。

 

元々はTOMIXの製品だったんですが、発売された時「なんで、最新型のワフ29500じゃなくて、古くてちょっとマイナーなワフ35000なんだ?」と思って敬遠していたのですが、今になって考えると、なかなか(良い意味で)味のある車種選定と思えるようになってきました(苦笑)。

 

これ、古い製品なので、尾灯は点灯しません。

そこで、尾灯にLEDを仕込んで点灯させようと思います。

 

まず分解します。

底の「MADE IN CHINA」シールを剥がすと、プラスネジがあります。

 

そのネジを外すと下回りが外れます。

 

そして、尾灯部にΦ0.8mmの穴を開けました。

 

この手の有蓋緩急車では、車掌室側を編成後部にする人が多いと思いますが、実物(の末期)では、貨物室側を編成後部にするのが正解です。

理由は、衝突事故での乗員安全性(車掌避難経路確保)です。

なので、ここでは荷物室側の尾灯を点灯するようにします。

 

尾灯のレンズとして、尾灯の穴に100円ショップのセリアさんで売っている「カラーUVレジン ハードタイプ クリアレッド」を詰めました。

ちょっと色が薄すぎるのですが、尾灯非点灯時は穴が小さくて目立ちませんし、点灯時は赤色LEDをを使いますので、大きな問題はないでしょう。

 

(続く)

 

 

#ところで、このブログに鉄道模型ネタを書くのって、何年ぶりだろ(汗)。#



EaseUS Data Recovery Wizardを試してみた

EaseUS Softwareさんのデータ復旧ソフトを試してみました。
何種類かバージョンがありますが、今回試用してみたのは、フリー版の「Data Recovery Wizard Free」です。

今まで、何種類かのデータ復旧ソフトを使ったことがありますが、画像ファイルはJpegには対応しているけど、デジカメのRAWデータは復元できなかったんですよね。
でも、メモリーカードのトラブル等で失ったデータの内、本当に復元したい画像データは、カメラのRAWデータ(画像処理前のデータ)です。

そこで、試用に際して、以下のような、ちょっと意地悪な実験をしてみました。
1. デジカメ(Nikon D7200)で撮影に使ったSDカードを用意する。
2.SDカード内の画像データをパソコンに移動(コピーではない)する。
  この時点で、SDカード内にデータは無くなります。
3. パソコンから、SDカードに以下のデータを保存する。
  a.  Nikon D7100で撮影したRAWファイル。
  b. Canon EOS5D mark2で撮影したRAWファイル。
  c. SONY DSC-HX30Vで撮影した動画(AVCHD 1080 60i/60p)。
4. SDカードをNikon D7200でフォーマットする。
このSDカードのデータを復元出来るか試してみた。

Nikon D7100のRAWファイル(復元前)。


Nikon D7100のRAWファイル(復元後)。

パソコンでSDカードにコピーしたNikonのRAWデータは、正しく復元できているようです。

Canon EOS5D mark2のRAWファイル(復元前)。


Canon EOS5D mark2のRAWファイル(復元後)。

復元後のファイルは、撮影情報のファイル名が更新されてしまうためか(?)、復元前後で微妙にファイル容量が異なっていますが、その他は(撮影情報を含めて)復元できているようです。

Nikon D7200のRAWファイル(復元前)。


Nikon D7200のRAWファイル(復元後)。

カメラでSDカードに記録したRAWデータをSDカード上で削除→SDカードフォーマットした場合、復元されたファイルの作成日時が変わってしまうようです。それ以外は復元できているようです。

また、SONY DSC-HX30Vで撮影した動画についても、問題なく復元できたようです。

復元前の解析には、結構時間が掛かりますね。
32GBのメモリーカードを使ったのですが、10~15分くらい掛かったように思います。
画面上に残り時間が表示されますが、正確ではありません。
0秒までカウントダウンされた後、残り時間1分に戻ることが何度あったことか(^^;)。

デジカメのRAWデータ復元に対応しているのは魅力ですね。
Free版は復元可能容量2GB(※)の制限があるので、いざという時は有償版を購入しようと思います。
※:デフォルトでは復元可能容量1GBになっていますが、画面の下のほうにあるSNS(facebook,twitterなど)のアイコンをクリックして、SNSにシェアすると復元可能容量が1GB追加されて合計2GBになる仕組みになっていました。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| カテゴリ:写真 | 01:05 | comments(2) | trackbacks(0) | - |


2016年4月の撮影日記

2月より、ニコンD7200を使い始めました。
使い勝手はD7100と大差ないので、D7100かD7200か意識することなく併用していたのですが...
D7200は画像処理ソフト「Capture NX 2」が使えないんですね。
代替の「Capture NX-D」の操作に慣れるまで、少し時間がかかりそうです。

3月のダイヤ改正で、基本的に富山区EF81の運用が終了して、撮影意欲が沸かなかったこともあって、4月は地元の北陸本線を細々と撮影していました。


4060レ、EF510-18。2016.4.9 Sat.、加賀笠間→美川。


1073レ、EF510-515。2016.4.10 Sun.、美川→加賀笠間。


1083レ、EF510-512。2016.4.24 Sun.,石動→福岡。


特急「サンダーバード8号」。2016.4.30 Sat.、加賀笠間→美川。

振り返ってみると、寝台特急「北斗星」運行終了により、最近JR東日本からJR貨物に譲渡とされた4両のEF510(512〜515号機)のうち、2両を撮影できていました。

GW前半は、4月30日に東海道線を少しだけ撮影してきました。
撮影場所は、近江長岡〜柏原です。


大型連休中は貨物列車の運休が多いですね。

JUGEMテーマ:鉄道写真
| カテゴリ:鉄道 | 21:53 | comments(2) | trackbacks(0) | - |


スノボを始めてみた(4)



地元スキー場のリフト回数券が2回分残っていたので、1本だけ滑って(転がって...)きました。
先週は恵みの降雪がありましたが、もう溶けてしまったようです。
(降雪時に屋外で仕事してたので、その時は恵みどころか忌まわしく思っていましたが。)
とりあえず緩斜面では2回に1回はターンできるみたい。
でも、体重移動が下手なのと恐怖心が強くて、まだ曲がりたいタイミングでは曲がらないのが問題。
特につま先側エッジを使う右ターンが駄目。

覚えたことを来シーズンにつなげる為には、あと2回ほどスキー場に行っておきたいところです。


JUGEMテーマ:スノーボード
| カテゴリ:日々の徒然 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


2016年2月27日の撮影日記

IRいしかわ鉄道の倶利伽羅→津幡で4076レを撮ってきました。

4076レ、EF510-1、倶利伽羅→津幡。Nikon D7200、Tokina AT-X304AF(300mm F4)。
35mm換算450mmですが、この場所では焦点距離が足りないですね。

機関車が、側面にレッドサンダーのロゴが無い1号機だったので、先回りしてサイドからも撮ってみました。
(4076レは、金沢貨物ターミナルで長時間停車するのです。)

4076レ、EF510-1、小舞子→能美根上(旧:寺井)。Nikon D7200、Tokina AT-X828AF PRO(80~200mm F2.8)。

今春のダイヤ改正で、富山区のEF81が運用終了になると、北陸線貨物で特徴のある機関車はEF510-1だけになってしまいますね。

JUGEMテーマ:鉄道写真
| カテゴリ:鉄道 | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


| 1/128PAGES | >>