河合商会のワフ35000の尾灯を点灯化してみる(2)

LEDを組み込みました。

普通は、LEDと直列に電流制限抵抗を入れるだけなんですが、ここではLED(+LEDと直列の電流制限抵抗47Ω)と並列にツェナーダイオード(3.3V)を入れています。(更に、ツェナーダイオードと直列に電流制限抵抗470Ωを入れています。)

 

↑点灯させてみたの図。

 

あとは、車輪からの集電ですね。



河合商会のワフ35000の尾灯を点灯化してみる(1)

十ン年ぶりに、近所の模型屋さんに行ったら、河合商会のワフ35000型3両セットがあったので買ってきました。

かなり昔に、販売元倒産の為、絶版になっているんですが、残っているものですね。

 

元々はTOMIXの製品だったんですが、発売された時「なんで、最新型のワフ29500じゃなくて、古くてちょっとマイナーなワフ35000なんだ?」と思って敬遠していたのですが、今になって考えると、なかなか(良い意味で)味のある車種選定と思えるようになってきました(苦笑)。

 

これ、古い製品なので、尾灯は点灯しません。

そこで、尾灯にLEDを仕込んで点灯させようと思います。

 

まず分解します。

底の「MADE IN CHINA」シールを剥がすと、プラスネジがあります。

 

そのネジを外すと下回りが外れます。

 

そして、尾灯部にΦ0.8mmの穴を開けました。

 

この手の有蓋緩急車では、車掌室側を編成後部にする人が多いと思いますが、実物(の末期)では、貨物室側を編成後部にするのが正解です。

理由は、衝突事故での乗員安全性(車掌避難経路確保)です。

なので、ここでは荷物室側の尾灯を点灯するようにします。

 

尾灯のレンズとして、尾灯の穴に100円ショップのセリアさんで売っている「カラーUVレジン ハードタイプ クリアレッド」を詰めました。

ちょっと色が薄すぎるのですが、尾灯非点灯時は穴が小さくて目立ちませんし、点灯時は赤色LEDをを使いますので、大きな問題はないでしょう。

 

(続く)

 

 

#ところで、このブログに鉄道模型ネタを書くのって、何年ぶりだろ(汗)。#



EaseUS Data Recovery Wizardを試してみた

EaseUS Softwareさんのデータ復旧ソフトを試してみました。
何種類かバージョンがありますが、今回試用してみたのは、フリー版の「Data Recovery Wizard Free」です。

今まで、何種類かのデータ復旧ソフトを使ったことがありますが、画像ファイルはJpegには対応しているけど、デジカメのRAWデータは復元できなかったんですよね。
でも、メモリーカードのトラブル等で失ったデータの内、本当に復元したい画像データは、カメラのRAWデータ(画像処理前のデータ)です。

そこで、試用に際して、以下のような、ちょっと意地悪な実験をしてみました。
1. デジカメ(Nikon D7200)で撮影に使ったSDカードを用意する。
2.SDカード内の画像データをパソコンに移動(コピーではない)する。
  この時点で、SDカード内にデータは無くなります。
3. パソコンから、SDカードに以下のデータを保存する。
  a.  Nikon D7100で撮影したRAWファイル。
  b. Canon EOS5D mark2で撮影したRAWファイル。
  c. SONY DSC-HX30Vで撮影した動画(AVCHD 1080 60i/60p)。
4. SDカードをNikon D7200でフォーマットする。
このSDカードのデータを復元出来るか試してみた。

Nikon D7100のRAWファイル(復元前)。


Nikon D7100のRAWファイル(復元後)。

パソコンでSDカードにコピーしたNikonのRAWデータは、正しく復元できているようです。

Canon EOS5D mark2のRAWファイル(復元前)。


Canon EOS5D mark2のRAWファイル(復元後)。

復元後のファイルは、撮影情報のファイル名が更新されてしまうためか(?)、復元前後で微妙にファイル容量が異なっていますが、その他は(撮影情報を含めて)復元できているようです。

Nikon D7200のRAWファイル(復元前)。


Nikon D7200のRAWファイル(復元後)。

カメラでSDカードに記録したRAWデータをSDカード上で削除→SDカードフォーマットした場合、復元されたファイルの作成日時が変わってしまうようです。それ以外は復元できているようです。

また、SONY DSC-HX30Vで撮影した動画についても、問題なく復元できたようです。

復元前の解析には、結構時間が掛かりますね。
32GBのメモリーカードを使ったのですが、10~15分くらい掛かったように思います。
画面上に残り時間が表示されますが、正確ではありません。
0秒までカウントダウンされた後、残り時間1分に戻ることが何度あったことか(^^;)。

デジカメのRAWデータ復元に対応しているのは魅力ですね。
Free版は復元可能容量2GB(※)の制限があるので、いざという時は有償版を購入しようと思います。
※:デフォルトでは復元可能容量1GBになっていますが、画面の下のほうにあるSNS(facebook,twitterなど)のアイコンをクリックして、SNSにシェアすると復元可能容量が1GB追加されて合計2GBになる仕組みになっていました。

JUGEMテーマ:コンピュータ
| カテゴリ:写真 | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


2016年4月の撮影日記

2月より、ニコンD7200を使い始めました。
使い勝手はD7100と大差ないので、D7100かD7200か意識することなく併用していたのですが...
D7200は画像処理ソフト「Capture NX 2」が使えないんですね。
代替の「Capture NX-D」の操作に慣れるまで、少し時間がかかりそうです。

3月のダイヤ改正で、基本的に富山区EF81の運用が終了して、撮影意欲が沸かなかったこともあって、4月は地元の北陸本線を細々と撮影していました。


4060レ、EF510-18。2016.4.9 Sat.、加賀笠間→美川。


1073レ、EF510-515。2016.4.10 Sun.、美川→加賀笠間。


1083レ、EF510-512。2016.4.24 Sun.,石動→福岡。


特急「サンダーバード8号」。2016.4.30 Sat.、加賀笠間→美川。

振り返ってみると、寝台特急「北斗星」運行終了により、最近JR東日本からJR貨物に譲渡とされた4両のEF510(512〜515号機)のうち、2両を撮影できていました。

GW前半は、4月30日に東海道線を少しだけ撮影してきました。
撮影場所は、近江長岡〜柏原です。


大型連休中は貨物列車の運休が多いですね。

JUGEMテーマ:鉄道写真
| カテゴリ:鉄道 | 21:53 | comments(2) | trackbacks(0) | - |


スノボを始めてみた(4)



地元スキー場のリフト回数券が2回分残っていたので、1本だけ滑って(転がって...)きました。
先週は恵みの降雪がありましたが、もう溶けてしまったようです。
(降雪時に屋外で仕事してたので、その時は恵みどころか忌まわしく思っていましたが。)
とりあえず緩斜面では2回に1回はターンできるみたい。
でも、体重移動が下手なのと恐怖心が強くて、まだ曲がりたいタイミングでは曲がらないのが問題。
特につま先側エッジを使う右ターンが駄目。

覚えたことを来シーズンにつなげる為には、あと2回ほどスキー場に行っておきたいところです。


JUGEMテーマ:スノーボード
| カテゴリ:日々の徒然 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


2016年2月27日の撮影日記

IRいしかわ鉄道の倶利伽羅→津幡で4076レを撮ってきました。

4076レ、EF510-1、倶利伽羅→津幡。Nikon D7200、Tokina AT-X304AF(300mm F4)。
35mm換算450mmですが、この場所では焦点距離が足りないですね。

機関車が、側面にレッドサンダーのロゴが無い1号機だったので、先回りしてサイドからも撮ってみました。
(4076レは、金沢貨物ターミナルで長時間停車するのです。)

4076レ、EF510-1、小舞子→能美根上(旧:寺井)。Nikon D7200、Tokina AT-X828AF PRO(80~200mm F2.8)。

今春のダイヤ改正で、富山区のEF81が運用終了になると、北陸線貨物で特徴のある機関車はEF510-1だけになってしまいますね。

JUGEMテーマ:鉄道写真
| カテゴリ:鉄道 | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


スノボを始めてみた(3)

今週もスノボに行ってきました。

今回は一人でボードに慣れるのに徹して、来月に入ってからスクールに入ろうと思っていたのですが...

今冬は積雪が少ないです...。

なので、今回は習える(スキー場が営業している)うちに習おうと考えて、スクールで教えてもらうことにしました。
今回の指導員さんは若い男性の方でした。
一般コースの申し込みなのに、前任者から引き継ぎがあったみたいです。ありがとうございます。
今回も、スクール参加者は私一人でしたので、1時間半の短縮バージョンです。

山に背を向けて、かかとエッジで斜面を降りる練習ですが、左に進むのが難しかったです。
「左足に体重が掛かっていない。」ということで、「左手を伸ばして、ものを掴む感じ。」とのこと。
前回「進みたい方向に手を伸ばす」と教わったのは、そういうことなんですね。
指導員さんによって表現が違うので、いろんな方に教わるのがいいかもです。
あとは、しゃがんで止まる練習。
これが自己流では出来ていなかったので、転んだ時に(頭を打っていないのに)頭が痛くなるほど体を強打していたんですね。

次回(?)は、山を正面にして、つま先エッジで滑る練習に進むのかな〜。
そして、あと2回くらいでターンを教えてもらえるかな〜と(甘いかな...)。
でも、その前に雪解けでシーズン終了になりそうです(汗。

指導員さんには「よろしければ指名してください。」と言われましたが、指名料金が掛かるんですよね〜。
ですから、次回参加時も一般コースになると思います(爆)。

二人の指導員さんに教わって思ったこと...
「楽しいから、是非やってみようよ」的な感じが出ているんですよね。ほんとにスノーボードが好きなんだろうなと。
(オートバイのハーレーダビットソンなんかでも、イベントに行くとそんな感じです。)
だから、(初心者の自分にとって、精神的・体力的に大変ですけど)教わっていて楽しいです。

JUGEMテーマ:スノーボード
| カテゴリ:日々の徒然 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


2016年1月の撮影日記

北陸新幹線金沢延伸の影響で、地元北陸本線(在来線)の列車が寂しくなってしまい、このところ撮影意欲を失っていました。
また、冬の青春18きっぷで出掛けるにも、金沢以東へ行けなくなってしまい、必然的に関西方面に行くことになります。
そこで、1月は、関が原付近で東海道本線を撮っていました。
(1月22日、23日は自動車で撮影に行っています。)


EF210-18、2016.1.4 米原→醒ヶ井。


EF210-15、2016.1.9 近江長岡→柏原。


EF66-121、2016.1.22 米原→醒ヶ井。


EF200-18、2016.1.22 米原→醒ヶ井。


EF66 133、2016.1.23 近江長岡→醒ヶ井。


EF65 2093、2016.1.23 近江長岡→醒ヶ井。


EF200-14、2016.1.23 醒ヶ井→近江長岡。


EF210-901、2016.1.23 醒ヶ井→近江長岡。

数が減ったEF200やEF65PFの撮影が出来ましたし、EF210試作機も撮れましたので、遠征の甲斐がありました。

最近「デジカメになってから、連写に頼りすぎている」と反省し、カメラは、なるべくニコンD7100を使うようにしています。
D7100はバッファが少ないのが欠点ですが、考え方を変えると連写に頼っていてはシャッターチャンスを逃すカメラなので、シャッターチャンスに集中するために好都合と考えるようになりました。

JUGEMテーマ:鉄道写真
| カテゴリ:鉄道 | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


スノボを始めてみた(2)

(前回からの続き)
1時間半のスクール参加で心身共に疲れ果ててしまいました。
平然としている指導員さんはすごいですね。
帰宅することを考えましたが、時間はまだ昼前でしたし、リフト回数券が残っていたので、もう少し滑ってみることにしました。
 
指導員さんに指摘されたビンディングの位置が気になったので、滑る前に、駐車場でビンディングの位置を変更しました。
(私、自動車にある程度の工具は常備してます(^^;;)。)​
1. 靴がボード幅のほぼ中央に位置するように変更。
2. 前側のスタンス角15°はそのまま。
3. 後側のスタンス角が14°(!)になっていたので、0°に変更。
知識がないので、すべて適当です(爆)。
でも、後でネットで調べてみたところ、後側スタンス角14°というのは、初心者としてはあり得ないみたいです。
(地元のスポーツ用品屋さん、酷いお店だ...)
 
後側のスタンス角を14°→0°に変更した効果は絶大で、
1. 立ち上がるのが楽になった。
2. 右膝が痛くない。
ちょっとした調整の違いで、体への負担が大きく違うんですね。
で、立ち上がるのに慣れてくると、習ってもいないのにターンをしてみたくなるんですよ(困)。
自己流でエッジを立ててみる→転ぶ。
の繰り返し。
 
転んだ時に、頭を打たないように気を付けていますが、転んだ時の衝撃が大きく頭が痛くなってきました。
軽い脳震盪なんでしょうね(爆)。
 
ふもとまで降りるころには、もう少しでターンできそうな気がしましたが、この日は、けがをする前に撤収しました。


 
そして、2日後。
またスキー場に行ってきました。

天候は雨。
たった二日間で、ずいぶん雪が減ってました。
# 今シーズン中に、スノボ滑れるようになるかなぁ...。 #
 
リフトには2回乗りましたが、2回とも転ばなかったです。
少しは上達したようです。
この日も自己流でターンをしてみましたが、やっぱり自己流では駄目ですね。
度重なる転倒による脳震盪(?)で頭が痛くなったので、早々に撤収です。
 
ここまでやって思ったこと...。
自己流は駄目です。
(スクールじゃなくても)ネット上に滑り方が書かれているサイトがありますので、事前に勉強しておきましょう。
私がケガをしなかったのは、運が良かっただけだと思います。
 
とりあえず、次にゲレンデに行く前に、ネットで勉強しようと思っています。
その先のステップとしては、もう少しボードに慣れ(滑るという意味ではない)てから、またスクールに入って教えてもらおうかと。
 
教訓「習っていないことはやらない。」です。
 
JUGEMテーマ:スノーボード
| カテゴリ:日々の徒然 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


スノボを始めてみた(1)

JUGEMテーマ:スノーボード
今シーズンはもう終盤なのですが、スノボを始めてみましたので、日々の反省と忘備録を兼ねて経過を書いてみます。
なお、小生の勘違い等により誤ったことを書いているかもしれないことを予め御了承願います。​

実は、スノボを10年程前に2回ほどやったのですが、頭を打って記憶を(少し)失ったので、遠ざかっていました(爆)。
その時はレンタルボードで借りるたびにセッティングが違うので、「自分のボードを買わなきゃ駄目だなぁ。」と思っていました。
そこで、今回はmyボードを新調して、さらに念の為というか、万全を期すべく、まず近所のスキー場のスノボスクールに入リました。
(自宅から最寄りのスキー場まで、自動車で約1時間なのです。)
2時間(参加人数により変動)5000円(ネット予約割引あり)の一般レッスンをネットで予約して、早めにスキー場へ行き、受付と参加費支払いを済ませて、レッスンまでの空き時間にゲレンデに出てみました。
10年ほどのブランクがありましたが、ボードを履いて立つことはできました。
でも、滑れないんですね(苦笑)。
頭の中では、ボードの左側のエッジを立てれば左旋回、右側のエッジを立てれば右旋回というのはわかっているんですけど、その加減が全く分かっていません。
それに、私は右足が軸足なので、本来は右足が前(グーフィースタンス)になるんですが、初心者として始めるのでレギュラースタンス(左足が前)に矯正しようとしているので、余計に操作できない(と思いこんでいます)。
スクールに申し込んでおいて良かったです。
 
早々に退散して、スクールの集合場所で待機していると、
「一般レッスンの方ですね。」とイケメンの指導員さんに声を掛けられましたが...
「○×という者が担当しますので、もうしばらくお待ちください。」と言い残して、女の子2〜3人と去っていきました(笑)。
(一般レッスンではなく)プライベートレッスンのようです。
※:一般レッスンですと、参加者中で一番の初心者に合わせた指導になるので、ある程度滑れる方はプライベートレッスンを申しこんだほうが良いようです。
 
で、今回、私(というか、一般レッスン)担当の指導員さんは若い女性の方でした。他に参加者がおらず、マンツーマンになったので、レッスン時間は1時間半の短縮バージョンです。
レッスンは、まず、ボードを履くところから。
座って履くのではなく、立ったままで履きます。
1. 右足の先端でボードの中央を押さえて、左足をビンディングに固定。
2. 左足に装着したボードのエッジを(徐々に左側に移動させながら)雪面に何度も立てて、安定させる。
3. 片足(左足)で立てるように安定したら、右足をビンディングに固定する。
 
次にスケーティング。
左足をボードに固定したまま、ボードから外した右足で雪面を蹴って進むのですが...
ボードの前に右足を出したときに、足の裏が攣りました(爆)。
 
斜面を歩いて登る練習。
ボードを固定した左足を右足のすぐ後ろまで持ってくるのですが、重いボードの先端が上がらずに雪面を引きずってしまいます。
数歩で膝がガクガクです。
「何かコツがあるんですか?。」と聞いてみましたが、
笑顔で「慣れですね。私、全然筋肉使ってないんですよ。」と。
実際、指導員のおねえさんは、普通に歩いているように軽い足取りで、左足に固定されたボードは地面と水平に高く持ち上げられていました。
いやぁ、さすが鍛えておられるんですね。
(私の体力がないというのもあるのでしょうが)レッスン早々に、指導員のおねえさんとの体力差を見せつけられてしまいました。
かといって、私は体を鍛える気は毛頭ありません。
アスリートが体(を鍛えること)にプライドを持っているのと同様、運動嫌い(の私)には(運動しないという)プライドがあるのです(爆)。
なお、「スノーボードはゴルフと同じで体力要らないんですよ。スノーボードはバランスだけです。」と謙遜しておられましたが、そんなわけないでしょう...と思います。だって、プロゴルファーの腕は太いから(笑)。
 
そして、右足をボードに載せて(ビンディングに固定せず)滑走する練習。
これができないと、リフトから降りられないです。
「右足をギュッと前に押し出すようにすると止まる。」とのことでしたが、私の脚力では無理だったようです(苦笑)。
 
この後、リフトで移動。
リフトを降りる際に、盛大に転びました(苦笑)。
斜面とボードを平行にして(体を前向きに)斜面を下る練習。
エッジを立てて速度を調整するのですが、バランスが難しく、右膝に負担が掛かり力が入らなくなりました。
また、転倒した後、なかなか起きることができず、尻もちをついてしまいました(理由は後述)。
「進みたい方向を見て、その方向の腕を上げる。」
「止まるときは両腕を上げる。」
とのこと。
この練習では、私の場合「左腕が上がっていて左に進むから、左腕を上げる癖を治す(腕を下げる)。」ようにとのことでした。
ゲレンデでは、美人の指導員さんとのマンツーマンレッスンは結構視線を浴びてたようです(苦笑)。
そして、リフトで下山(苦笑)してレッスン終了でした。
 
この後は、進捗の早い人でしたら「木の葉滑り」という、ターンせずに横方向に滑る(鉄道のスイッチバックみたいな感じですね)方法や、斜面下方向に背を向けてつま先エッジで斜面を下る練習に進むハズだったようです。
なお、私のボードでは「(ビンディングの調整が悪く)ボードからつま先が大きく飛び出しているので、つま先側のエッジを立てられないのではないか?。」と指摘されました。
ビンディングを正しく調整してほしくて新品買ったのに、技術の無いお店で買ってしまったようです(涙)。
 
余談ですが、「ゲレンデでは女の子がかわいく見える」といわれるのは本当だと思います。理由として「雪面での光の反射で、光がきれいに当たる(レフ板効果がある)。」というのが挙げられていますし、カラフルなスキーウェアの効果もあるのでしょうけど、個人的には姿勢が良い(正しい姿勢でないと滑れない)からなんじゃないかなと。それに街から離れた冬山ですから、アクティブな(≒体系の良い)女性しか来ませんし。
| カテゴリ:日々の徒然 | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


| 1/128PAGES | >>