BIGLOBE SIMの追加(シェア)SIMを申し込んでみた。


モバイルデータ通信に、BIGLOBE SIMを利用しています。
BIGLOBE SIM(に限りませんが)には、家族等でシェアできるよう、SIMカードを追加できるプランがあるので、申し込んでみました。

BIGLOBE SIMの場合、SIMカードを追加できないプランで契約している場合は、先ず、SIMカードを追加できるプランへの変更が必要になります。
追加SIMカードの申し込みは、web上の「マイページ」から申し込みするのですが、SIMを追加できないプランで契約している場合は、リンクが表示されないのです。
私の契約は、エントリープランでSIMカードを追加できないプランしたので、「ライトSプラン」に変更しました。
プラン変更は月単位ですので、プラン変更申し込み後、翌月になるまで待ちます(苦笑)。
変更後のプランが開始されますと、追加SIMカード申し込みのリンクが表示されますので、やっと申し込みできます。
私の場合、元旦に追加SIMカードを申し込みましたが、1月3日に届きました。早いですね。
プラン変更も即時に出来ると良いのですが。


台湾に行ってきました(3)


先日の台湾旅行では、通信手段として「台湾大哥大」さんのプリペイドSIMを利用しました。
3日間のデータ使い放題+150NTDの音声通話で、500NTDでした。
パックツアーで自由時間が少なかったので、台北市内のショップで契約しました。
片言の中学英語でもなんとかなるものです(^^)v。
ところが、開通後に送られて来たSMSでは899NTDの別プランになっていたようで...(汗。
翌日、ショップに行って確認したところ、「ノープロブレム」とのことでしたが、ちょっと気になっています。
♯滞在中は問題ありませんでしたが...。♯
空港のショップのほうが、外国人の扱いに慣れていると思われますので、時間が許せば空港で契約するのが無難だと思います。

ちなみに、当初は台湾セブンイレブンさんの「7Mobile」に挑戦したのですが、私が立ち寄ったセブンイレブン2店舗では取り扱いがなくて断念しました。


PQI Air Card買ってみた。

Androidタブレットを使うようになって、困ったこと...。
「デジカメの画像をどうやって取り込むか。」と。
普通のAndroidタブレットは、外部メディアスロットがTFカード(microSDカード)であり、頻繁にカード出し入れすると紛失しそうです。それに、Nexus7のように外部メディアスロットがないものもあります。

そこで、Wifi内蔵SDカードアダプタであるpqiさんの「Air Card」を買ってみました。



デジタル一眼レフで使う為に、SD->CFカードアダプタ(画像右)も合わせて購入しました。

Wifi内蔵SDカードというとEyefiが有名ですが、私がpqi Air Cardを選んだ理由はといいますと、
1. MicroSD→SDカードアダプタになっているので、デジカメで撮影途中に容量が一杯になったときにmicroSDカードだけ交換すればよいこと。またフラッシュメモリーの書き換え寿命に達した場合でもmicroSDカードだけ差し替えれば良いこと。
2. 比較的安価であったこと。
3. Eyefiが、Canon EOS5Dmark2に非対応。(注:SD->CFカードアダプタによっては使えるらしい)
といったところです。


使ってみた感想ですが、
1. (Eyefiのような)デジカメで撮影した画像を自動で送信するような機能はありません。
 ブラウザや専用アプリでアクセスして、ファイルを選択してダウンロードすることになります。
短所と考える方も多いと思いますが、製品仕様として画像転送先をスマホやタブレット端末と割り切っているのでしょう。スマホやタブレット端末のストレージ容量は4GB〜32GBくらいですから、全ての撮影画像を転送してしまうとすぐにパンクしてしまいます。
2. microSDカードは、相性があるような気がします。
 Canon EOS5Dmark2装着して、某社のUHS-Iカードを使ってみたのですが、Air Cardとセットになっているclass10カードよりも書き込みが遅くなってしまいました。何処に原因(相性)があるのかわかりませんが、セット販売のmicroSDカードがclass10なので、セット品を使うのが無難と思います。
3. デジタルカメラとは相性がある。
 私が持っているカメラでは、
 ・ Canon EOS5Dmark2:○
 ・ SONY Cyber-shot DSC-HX9V:○
 ・ SONY Cyber-shot DSC-HX5V:×
という結果になりました。

今後、デジタルカメラにはwifiが搭載されていくでしょうから、過渡的な製品なのかなと思いますが、カードの挿抜やケーブルの接続無しで画像データを転送できる利便性を既存のデジタルカメラで得られるメリットは大きいと思います。

JUGEMテーマ:コンピュータ
 


BIGLOBE 3Gを契約してみた。

モバイルデータ通信として、BIGLOBE 3Gを申し込んでみた。
ネットで手続きして、以下のものが送られてきます。

1. モバイルルーター
2. SIMカード
3. 「BIGLOBE 3G」に関する御案内
4. 退会時にSIMカードを返却する台紙
5. 退会時にSIMカードを返却するための返信用封筒
6. 納品書


ネットインデックス社のモバイルルーターですが、3G回線への接続設定済み...なので、初心者にも安心ですね。
品質/使い勝手的にはmade in china相応といいますか、ストラップホールが無かったり、私の固体では製番シールを剥がして貼りなおした跡があったりして(苦笑)。

訂正:一応、ストラップは取り付けできます...。ちょっと特殊な形状になっていますけど。


バッテリーは結構サイズが大きいような気がするんですが、容量は1500mAhでした。


充電器はAC-USBアダプタータイプ。後述のmicroUSBケーブルを用いて、USB接続で充電します。
充電器が小型なのは良いのですが、
端子の向きは、工夫してほしかった...。



microUSBケーブルは2本も付属していました。


NTT docomoのSIMカード...赤色ですね。bmobileさんのは白色だったんですが、何か違うのかな?。

JUGEMテーマ:コンピュータ


 


イオンSIM契約してみた

今まで、モバイルデータ通信として、b-mobileSIM U300を利用していたのですが、契約期間が終了したので、月額980円の定額データ通信である、b-mobileSIM[イオン専用]プランAを契約してみました。
# 本当はもっと早く契約してみたかったのですが、田舎のイオンでは取り扱ってなかったんですよね...orz。 #

契約に必要なものは、身分証明書(自動車運転免許証など...国土交通省発行の動力車操縦者免許など、現住所記載が無いものは不可。)とクレジットカードです。
初回事務手数料3150円は、クレジットカードでの支払いになります。
(月額利用料もクレジットカード払い)

手続きとしては、
1. 店員さんから簡単な説明を受ける。
2. 申し込み書を記入。
3. 店員さんが、申込書をb-mobileへFAX。
4. b-mobileから、FAXが返送。
といった流れで、所要時間20分ほどでした。

その後、端末を各自準備して欲しいとの説明を受けて、SIMカードを受け取って、手続き完了。

↑パッケージに[イオン専用]と印字されてますね。

↓SIMカード自体は、U300と同じです。


契約変更、解約などは、webサイト「My b-mobile」で行うことになっており、その案内メールが2営業日以内に届くことになっています...が、私の場合は、4日経っても、届いていません。

APNの設定は、基本的にはb-mobileSIM U300と同じですが、ユーザー名だけが変わります。

ベストエフォート100kbpsってどうよ?。ということですが、私の用途はtwitterとテキストメールなので、特に不満を感じていません。
# 今後、契約者が増えるとどうなるかわかりませんけど。#
イメージ的には、PHSの32kか64kbps通信のような感じかと思います。

JUGEMテーマ:コンピュータ


 


Bluetooth3.0アダプタ買ってきた

Bluetooth3.0のアダプタ買ってきました。
私、3.0になって、どう変わったのかわかっていません(_"_;)。
2.1のと値差が約200円だったので、新しいほうが良いだろうと。

プラネックスさんのBluetoothアダプタは、1.1→2.1と使っているのですが、ドライバが統一されていないのが困ります。
1.1のときはBlue soleilでしたし、2.1のときは東芝でしたし、3.0ではモトローラさん...と。
今回は、fedora14(linux)標準のドライバで使ってみるつもりです。

JUGEMテーマ:コンピュータ



IDE→SATAアダプタ買ってみた(サーバー買ってみた(4)。)


IDE→SATAアダプタを買ってみました。
SATAのHDDや光学ドライブを、IDE接続に変換します。
ネットオークションで、「マスター/スレーブ設定不可」として、「マスター/スレーブ設定可」のものよりもちょっとお安く出品されているものです。

でも、画像をみると、マスター/スレーブを設定できそう(^^;;。

というのも...

マスター/スレーブ設定用ジャンパの部品ランドが用意されていたりとか...


ご丁寧に、ジャンパ設定のシルクがあったりします。
# 実際に設定できるか試していませんけど。 #

早速、富士通さんのサーバー「L100E」に取り付けてみた。

スペース的にギリギリですが、SATAのHDD(Western  Digitalさんの「WD Cavier SE16(WD5000AAKS)」)で問題なく使えています。

JUGEMテーマ:コンピュータ
 


DVIセレクターって高いような気がする。

先日中古サーバーを購入しましたが、普段使用しているモニターは(DVI、RGB各1系統入力の)1台のみで入力端子が不足してます。
各パソコン・サーバー使用の度に、繋ぎかえるのも面倒なので、モニター切り替え機を購入してみた。
といっても、DVI切り替え機って、安価なものでも9000円位するんですよね~。
でも、HDMIセレクターなら3000円くらいで買えます。
HDMI⇔DVI-Dは変換できるし、最近のグラフィックボードはHDMI端子が付いているんだから、HDMIセレクターで代用できるんじゃない?。

というわけで...

HDMIセレクターを買ってきた。
プラネックスコミュニケーションズさんの「HDMI-SW0401」です。
# HDMIケーブルはオーム電機さんのです。 #

早速、以下の手持ちのパソコン環境で使ってみました。
・モニター:G2110W(BenQ)
・ビデオボード:R5570-MD1G(MSI)および、マザーボードA7GM-S(foxconn)のオンボードビデオ(Rageon HD3200)
当然ですが、全く問題なく使用できています。


電源はDC5Vですが、消費電力が何処にも書かれていないのが不安です。
パソコンのUSBコネクタから供給できるのかな〜?。

JUGEMテーマ:コンピュータ
 


ジャンク品のネットワークハブを買ってみた。

ジャンク品のネットワークハブを買ってみました。

↑napera N24という機種(画像中段)で、105円(別途、送料が掛かりましたけど...)でした。
(安かったので)動かなくても、筐体と電源だけ流用できれば良いかなと考えて入手しました(^^;;。

まだ動作確認していないので、そのまま使うか部品取りにするか未定なのですが、とりあえず分解してみた。



60mm角くらいのファンが3つ付いていました。
ファンの部品取りだけで元が取れますね(^^;)v。


1GBのDDR2 SDRAMモジュール(ECC)が1つ。
これもお宝パーツです...が、流用出来る機器が手元にありません。
部品取りということになったら、ネットオークションに出そうかな〜。


ADM3202というIC、これは3.3V動作可能なRS232Cドライバです。
PICやAVRマイコンを使った電子工作に便利です。

ヒートシンクが付いているLSI、FPGAかなと期待したのですが、

FPGAでは無い様子。残念。

JUGEMテーマ:コンピュータ
 


コードレスキーボード買ってきた(2)

某Y電機さんで特価になっていたので、自室PC用にコードレスキーボードを買ってきた。
前回同様ELECOMさんの「TK-FBP014」です。
# 前回の(特価)購入が3月だったので、この製品はY電機さんで年3回特価になるのかなぁ(^^;;。 #


今度は気分を変えて白色にしてみた。


自室PCはコードレスである必要は無いのですが、1つのキーボードで2台のPCを切り替えて使うためBluetooth接続の本製品を選択してみた。

以前は、PC切替機を使用していたのですが、PC起動中に切り替えるとキーボードやマウスが効かなくなることが多々あり、その度にPCを再起動していました...orz。
Bluetooth接続の「TK-FBP014」では、PC起動中に切り替えてもなんら問題なく快適になりました。

PC側には、USB接続のBluetoothドングル(PLANEXさんの「BT-MicroEDR2X」)を追加したので、ついでにPC同士もペアリングしてみた。
# 本当は、(Bluetooth Ver.3.0+EDR対応の)「BT-MicroEDR3E2X」が欲しかったのですが、田舎にはまだ出回っていないようです...orz。 #


PC同士は、LAN接続されているので、Bluetoothでペアリングする必要は無いのですが...。
ドライバに、東芝さんの「Bluetooth Stack for Windows」を採用している「BT-MicroEDR2X」同士のペアリングは簡単なのですが、同じPLANEXさんの製品でもドライバにBluesoleilを採用している「BT-MicroEDR」との接続では、何故か「BT-MicroEDR」側(Bluesoleil側)の機器探索で「BT-MicroEDR2X」側を発見できず、デバイスアドレスを手動入力しました。
あと、64bit版Windows7で「BT-MicroEDR2X」を使用すると、Nokia携帯からのファイル転送に失敗することがあります...orz。
64bit版Windows vistaでは正常にファイル転送できるようなのですが、何か違うのでしょうかね?。

JUGEMテーマ:コンピュータ
 


| 1/5PAGES | >>