WindowsXPが、exFATに対応したそうなので

WindowsXPが、exFATに対応したそうなので試してみた。

まずバッチファイルのインストール前↓。


そして、インストール後↓。


なるほど、フォーマットの選択肢にexFATが追加されていますねぃ。
これで、NTFSでフォーマットできないCFカードなどでも、4GBを超えるファイルが使えるようになります。
でも、古いWindowsXPでexFAT対応バッチが配布された(必要とされた?)ということは、大容量ファイルが一般的になってきたということなんでしょうねぇ...。
ファイルを1GB未満に分割しているDVD-Videoとかって、もう過去の技術だよなぁ...と感じます(^^;;。
# まぁ、(既にexFATに対応している)Windows vistaへの移行が進んでいないという事情もあるんでしょうけど(^^;;。 #


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック