Appleは、今後のMac事業をどうするのだろう?。

 iPadが好調らしいという報道を見て思った。
「Appleは、今後のMac事業をどうするのだろう?。」と。

昔存在した、メーカー独自仕様のパソコンは、20世紀末のPC98の終焉でほぼ消滅し、21世紀に生き残ったものは、たったひとつ「Mac」である。
一般的には、シェアランキング外である「シェア5%未満」の時も、熱心なマスコミによってシェア報道されて知名度を維持されてきた(ような気がする)のですが、Apple一社の独自規格であり、いわゆる「ガラパゴス」のようなものだから、今後も大きくシェアを獲得することは無いだろう。

ならば、企業としては、成長が期待されるiPadやiPhoneに経営資源を集中するのが得策と考えるだろう。
MacでWindowsが使える今となっては、Appleが競わなければならない相手は、(Windowsでは無く、)AndroidやSymbianといった、携帯OSのはずである。

そして、Macがインテル製CPU採用してからは、技術的には「どこでも製造できる」わけで...
インテル製CPU採用は、Mac事業を高値売却するための準備だったのではないかとも思ってみたりするのだけれど???。


コメント
>インテル製CPU採用は、Mac事業を高値売却するための準備
IBMの例もありますし、有り得る話で怖いですね。
NECがPC98NXを出したときは歓迎でしたが、アップルがインテル搭載Macを出したときは何か寂しい感じがしました。企業が生き残るためには、高価で低パフォーマンスのパーツをいつまでも採用していられないのは仕方ないことですが。

ちなみに私はiPadの仕様を確認後、CULVノートを購入したばかりですw
  • Tetsujin
  • 2010/05/30 4:33 AM
こんばんは。

>NECがPC98NXを出したときは歓迎でしたが、アップルがインテル搭載Macを出したときは

そうですね。
NECさんの場合、自社CPUからインテルになってから、かなり経っていたからでしょうね。
アップルさんの場合は、非x86系最後の牙城みたいなところもあったので、寂しかったのかなとも思います。

>ちなみに私はiPadの仕様を確認後、CULVノートを購入したばかりですw

おぉ、うらやましいです。
CULVノートは、何を購入されたのですか?。
私は、ネットブックを購入(しかも2台!)してから、まだ2年なので、代替できないんです(涙)。

ちなみに、私の場合は、モバイルでもデジカメのRAWデータを扱う関係で、iPadは眼中にありません(^^;;。
  • ursa_minor
  • 2010/05/30 10:34 PM
GatewayのEC1400-41Rです。
DLNAでDIGA内のAVC動画を再生出来るという要求スペックは無事満たしているようです。BDドライブが内蔵だったら言うこと無しなんですが、コンパクトで4万円台の価格だったのでよしとしましょう。
  • Tetsujin
  • 2010/05/31 2:03 AM
Tetsujinさま>

>GatewayのEC1400-41Rです。

デュアルコアですね。
私、姉妹機であるAcerのAS1410が欲しかったので、うらやましいです。
# AS1410とEC1400の主な違いは、OSがWin7(x64)かXP(x86)かの違いですよね。#

「光学ドライブ内蔵」と「コンパクトさ」はそう反する条件なので、仕方ないですね。
  • ursa_minor
  • 2010/05/31 10:55 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック