富山へ行ってきました(2)(渡船に乗ってきました(9))

「きときとバス」の岩瀬浜発新港東口行きで、終点の新港東口で下車すると、そこは富山県営渡船(通称:越ノ潟フェリー)の堀岡発着場です。
8.jpg

で、渡船に乗船。

先程「きときとバス」に乗ってきた道路(の一部)は、昔、富山地方鉄道射水線という鉄道だったようです。
そして、これから渡船で渡る対岸には、万葉線(旧:加越能鉄道万葉線)という鉄道があります。
この2つの鉄道は、かつて線路が繋がっていて、直通運転されていたそうです。
それが分断されたのは「富山新港開削」で、その交通を補完するために運行されているのが、この「富山県営渡船(越ノ潟フェリー)」になります。

なお、乗船料は「無料」です。

7.jpg

16.jpg

船名は「海竜」なんですね。
9.jpg

「尊守事項」...民間事業ではないので、言葉がキツイです(^^;;。
10.jpg

定員乗客80名...あれ?乗員は?。
っか、乗客も「搭載数」とは...orz。
11.jpg

新日本海重工業株式会社 昭和63年10月製造。排水量44tのようです。
意外と重い(大きい)んですね。
13.jpg

客室には住宅用(と思われる)クーラーが付いていました。
12.jpg

船上からの眺め。橋が建設中です。
14.jpg

近くには、タグボートが係留されていました。
15.jpg

対岸の「越ノ潟発着場」に着きました。
17.jpg
この渡船、並行する橋が完成したら廃止される予定らしいです。

JUGEMテーマ:趣味
 
| カテゴリ: | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック