新型Libretto

久々に、東芝さんのノートパソコン「Libretto」の新製品が、今夏発売だとか。

東芝さんが、ネットブックに参入した1号機「NB100」が、なぜLibrettoにならなかったのか疑問ではありましたが、当時「Librettoは小さくてもフル機能」という位置づけという記事があったような気がする。

で、新型Librettoは...
CPUが(Atomではなく)Pentiumというあたり、確かに「小さくてもネットブックでもネットノート(CULVノート)でもないよ」というコンセプトのようです。

でもね...
2画面タッチパネルは、やり過ぎなんじゃないかなぁと思ってみたりする。


コメント
コンセプトとしては面白い製品ですが、結局は林檎社の足下にも及ばなそうですね。
どうせなら電子書籍閲覧用の専用モードがあって、バックライトOFFでも見やすい液晶に、高速起動と長時間稼働出来ればよいのですが。
  • Tetsujin
  • 2010/06/22 8:17 AM
Tetsujinさま>

>結局は林檎社の足下にも及ばなそうですね。

というか、ジャンル的に、もともと比較するような製品ではないでしょう。

でも、せっかく2画面なんだから、片方の画面をE-INKにして電源OFFでも表示が残るようにするくらいの工夫が欲しかったところですね。
  • ursa_minor
  • 2010/06/26 8:57 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック