帆船見てきた

石川県の金沢港で、帆船「海王丸」寄港関連イベントがあったので見てきました。

雨天で帆を広げていないにもかかわらず、見物人が多かったです。
# なので、船内見学は断念しました。 #


船首のモニュメントをアップで撮ってみた。
何かの支柱があるので、正面から撮れないんですよね。


↑ 停泊していた巡視船「はくさん」。
金沢所属なのに、東京船籍なんですね。


機関は4台?。
形状的に、普通の船とはメカニズムが異なっているっぽいですが、どうなんでしょ?。


先日「巡視船は高速航行のために、船体外板が薄く作られている」という報道がありましたが...
そう言われてみると、(なんとなく外板の歪から骨組みの位置が判るので)薄い鋼板が使われているような気がします。
外板継ぎ目の溶接跡も巡視船の特徴ですね。





↑ 金沢港のタグボート「第二いぬわし丸」です。




元は、名古屋船籍の「明野丸」という船だったんですね。



巡視船とタグボートを正面から見比べると、高速航行する巡視船はスリムに作られており、タグボートは速度よりも安定性が求められるので幅広の船体になっていますね。

| カテゴリ: | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック