コンパクトデジカメ買ってみた(2)。(DSC-HX5Vレビュー動画編)

SONYさんのDSC-HX5Vで動画を撮ってみました。
静止画とは違って、動画の画質はとても良かったです。

小型軽量なコンパクトカメラで、強力な手振れ補正機能を搭載しているのですが、やはり手振れしてしまいます。

風切り音が発生しやすいようです。
# 後継機であるDSC-HX7Vでは改良されているようですけど...。 #
このような広角域での撮影ではあまり気にならないのですが、内蔵マイクが(ムービーに搭載されているような)指向性の高いガンタイプではないので、望遠域で撮影すると音声と画像の不一致が気になります。
それに、音声外部入力端子がないので、外部マイクを使えません。
この辺が「デジカメのおまけ機能」であって、ムービーとの違い(製品としての住み分け)なんでしょう。

デジタル一眼レフ(+外部マイク)との比較。
↑SONY DSC-HX5V
↓Canon EOS5Dmark2
やっぱりデジタル一眼レフのほうが、画像がくっきりしていますね。
音声も外部マイク(audio-technicaさんのAT9901を使用)を使ったデジタル一眼レフのほうが良いようです。
パソコンで見るとDSC-HX5Vがちょっと眠い色調なんですけど、テレビで見るとDSC-HX5Vの映像もきれいなんですよね。
たぶん、パソコン用モニターでNTSC色域のデータを見ると眠い感じの色調にみえるのであって、デジタル一眼レフの動画は色域がNTSCになっていないのではないかと...?。

JUGEMテーマ:写真撮影機材
| カテゴリ:写真 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック