ラジエーター交換とか。

私の車、先日オーバーヒートしかけました。
その原因がこれ↓。

アッパーホースの付け根が、折れて短くなってます。
で、圧が掛かるとアッパーホースが抜けちゃうんですよね。
# 修復暦アリの中古車なので、前のオーナーが事故修理のときに、ケチって、破損してたラジエーターをそのまま使っちゃったんでしょうね。 #

そこで、ラジエーターを交換してみた。

エム・ツー販売さんのD-RADIコアプラス「M2-RADNI002」(画像右)です。


純正のラジエータを外して


水温センサー↑と、シュラウド↓を移植。


あ、純正の水温センサーにはゴムパッキン(Oリング)が付いているのでお忘れなく。

そして装着...

「純正形状採用で完全ボルトオン」ということですが、BCNR33の場合はエアコンの配管に干渉しました...orz。
私の場合は自分で取り付けたのですが、自動車屋さんで持ち込み取り付けだと作業料や加工費でもめそうですね。
もう一度外すのは大変なので、強引にペンチで曲げて対処しました。


取り付け後の様子。
ラジエーターの青色が目立ちますね。

ついでに、足回りも、中古で買っておいた車高調(フロントのみ)に交換しました。
装着前にアッパーマウントのゴムブッシュを新品に交換。

左2つが新品です。右の旧品は結構潰れてますね。
この劣化具合を見てしまうと、足回りは安物でも新品入れるべきかもしれませんね。

JUGEMテーマ:修理・カスタマイズ
| カテゴリ:クルマ | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック