公称30000mAhのモバイルバッテリーを買ってみた。

公称30000mAhのモバイルバッテリーを買ってみました。

DC5VのUSBコネクタ出力が、1Aと2.1A各1系統(合計2系統)のものです。
# ノンブランドの中華製です。 #

で、以前に買った12000mAhのものと比較してみた。

画像左:12000mAh、画像右:30000mAh。


ブランドは違いますが、デザインは一緒。出所は同じでしょうかね?。


30000mAhのは大きさが1.5倍位に大型化してますねっと。


12000mAhの中身↑です。
18650電池が4本です。

ということは、30000mAhのものは、18650電池を6本に増やしただけなんでしょうね。

18650電池には公称5000mAh品がありますので、5000mAh×6本=30000mAhということなんでしょう。

でも...
18650電池(というか、Li-ion電池)は3.7Vなので、あくまでも3.7Vで30000mAhなのでしょうね。
モバイルバッテリーとしては内部で昇圧して5V出力になっていますが、5Vで30000mAhではないことに注意です。

使ってみた感じですが...
これ、充電がDC5V、1Aなんですよね...。満充電までに結構時間が掛ります。
公称容量30000mAhが正しい&充電回路の効率が100%と仮定して計算すると、
充電時間は、30000mAh×3.7V÷5V÷1A=22.2時間掛ることになります。
これでは、ホテルで一晩充電しても、満充電にはほど遠いです...。

(2A~3Aで充電できる製品があれば話は別ですが)モバイルバッテリーとして一般的な1A位で充電する製品であれば、一晩で充電できる10000mAhクラスのほうが使いやすそうですね。

JUGEMテーマ:家具・家電
| カテゴリ:家電 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック