スノボを始めてみた(2)

(前回からの続き)
1時間半のスクール参加で心身共に疲れ果ててしまいました。
平然としている指導員さんはすごいですね。
帰宅することを考えましたが、時間はまだ昼前でしたし、リフト回数券が残っていたので、もう少し滑ってみることにしました。
 
指導員さんに指摘されたビンディングの位置が気になったので、滑る前に、駐車場でビンディングの位置を変更しました。
(私、自動車にある程度の工具は常備してます(^^;;)。)​
1. 靴がボード幅のほぼ中央に位置するように変更。
2. 前側のスタンス角15°はそのまま。
3. 後側のスタンス角が14°(!)になっていたので、0°に変更。
知識がないので、すべて適当です(爆)。
でも、後でネットで調べてみたところ、後側スタンス角14°というのは、初心者としてはあり得ないみたいです。
(地元のスポーツ用品屋さん、酷いお店だ...)
 
後側のスタンス角を14°→0°に変更した効果は絶大で、
1. 立ち上がるのが楽になった。
2. 右膝が痛くない。
ちょっとした調整の違いで、体への負担が大きく違うんですね。
で、立ち上がるのに慣れてくると、習ってもいないのにターンをしてみたくなるんですよ(困)。
自己流でエッジを立ててみる→転ぶ。
の繰り返し。
 
転んだ時に、頭を打たないように気を付けていますが、転んだ時の衝撃が大きく頭が痛くなってきました。
軽い脳震盪なんでしょうね(爆)。
 
ふもとまで降りるころには、もう少しでターンできそうな気がしましたが、この日は、けがをする前に撤収しました。


 
そして、2日後。
またスキー場に行ってきました。

天候は雨。
たった二日間で、ずいぶん雪が減ってました。
# 今シーズン中に、スノボ滑れるようになるかなぁ...。 #
 
リフトには2回乗りましたが、2回とも転ばなかったです。
少しは上達したようです。
この日も自己流でターンをしてみましたが、やっぱり自己流では駄目ですね。
度重なる転倒による脳震盪(?)で頭が痛くなったので、早々に撤収です。
 
ここまでやって思ったこと...。
自己流は駄目です。
(スクールじゃなくても)ネット上に滑り方が書かれているサイトがありますので、事前に勉強しておきましょう。
私がケガをしなかったのは、運が良かっただけだと思います。
 
とりあえず、次にゲレンデに行く前に、ネットで勉強しようと思っています。
その先のステップとしては、もう少しボードに慣れ(滑るという意味ではない)てから、またスクールに入って教えてもらおうかと。
 
教訓「習っていないことはやらない。」です。
 
JUGEMテーマ:スノーボード
| カテゴリ:日々の徒然 | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック