河合商会のワフ35000の尾灯を点灯化してみる(1)

十ン年ぶりに、近所の模型屋さんに行ったら、河合商会のワフ35000型3両セットがあったので買ってきました。

かなり昔に、販売元倒産の為、絶版になっているんですが、残っているものですね。

 

元々はTOMIXの製品だったんですが、発売された時「なんで、最新型のワフ29500じゃなくて、古くてちょっとマイナーなワフ35000なんだ?」と思って敬遠していたのですが、今になって考えると、なかなか(良い意味で)味のある車種選定と思えるようになってきました(苦笑)。

 

これ、古い製品なので、尾灯は点灯しません。

そこで、尾灯にLEDを仕込んで点灯させようと思います。

 

まず分解します。

底の「MADE IN CHINA」シールを剥がすと、プラスネジがあります。

 

そのネジを外すと下回りが外れます。

 

そして、尾灯部にΦ0.8mmの穴を開けました。

 

この手の有蓋緩急車では、車掌室側を編成後部にする人が多いと思いますが、実物(の末期)では、貨物室側を編成後部にするのが正解です。

理由は、衝突事故での乗員安全性(車掌避難経路確保)です。

なので、ここでは荷物室側の尾灯を点灯するようにします。

 

尾灯のレンズとして、尾灯の穴に100円ショップのセリアさんで売っている「カラーUVレジン ハードタイプ クリアレッド」を詰めました。

ちょっと色が薄すぎるのですが、尾灯非点灯時は穴が小さくて目立ちませんし、点灯時は赤色LEDをを使いますので、大きな問題はないでしょう。

 

(続く)

 

 

#ところで、このブログに鉄道模型ネタを書くのって、何年ぶりだろ(汗)。#



コメント
毎度、精力的活動お疲れ様です(汗)

自分は以前、カトーの旧客43系で同じように
LEDテールランプを押し込もうとして、
途中で面倒になり放置してたら、
43系リニューアルしてテールランプ点くようになり、
不本意ながらそちらを購入して万事解決した
ダメ人間です(苦笑)


それと、5月下旬にカメラD4買いました。。。
15000ショットで¥219980円という破格値で(滝汗)
外装キズは目立ちますが、D4だから許すw
  • 因幡の白兎
  • 2016/06/27 9:50 AM
こんにちは。コメントありがとうございます。

精力的活動ではないのですが(汗)。
私、昔、(カトーでは無く)トミックスの旧客(オハフ33)に尾灯を組み込んだことがあるんですが、何処か行方不明になってしまいました。
集電加工が面倒になって、下回りは底板ごとカトーのオハ47と入れ替えたので、コロ軸受といういい加減なものでした(爆)。

D4良いですね。11コマ/秒の連写、羨ましいです。
最近、新幹線お撮ってみたのですが、私のD7100では連写が遅すぎて、列車が良い位置のコマがありませんでした(苦笑)。
  • ursa_minor
  • 2016/06/28 12:39 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック