アクションカムの充電クレードルを買ってみた

アクションカメラって、予備バッテリーが付属していても、充電は本体で行うものが多々あります。

中には、WimiusのQ1のように、バッテリー単体充電用のクレードルが付属する製品もありますが、少数派かと思います。

(WimiusQ1のバッテリー単体充電クレードル、小さすぎて紛失してしまいました(涙)。)

 

中華アクションカメラのバッテリーって、メーカーが違っていても割と互換性があるので、単体充電クレードルを買ってみました。

CrosstourのBattery Pack「DC10」です。

 

Crosstourさんは、梱包がしっかりしていますね。

バッテリー2個用の充電クレードルに、バッテリーが2個と、USBケーブルがセットになっています。

ACアダプターは入っていませんが、アクションカメラ本体に付属のものを使う前提なのでしょう。

 

充電中はLEDが赤色に点灯します。

充電電流は、仕様によると0.75Aなので、バッテリーは1000mAh程度ですから、定電圧で充電してると仮定して充電時間は2時間ほどですね。

 

 

JUGEMテーマ:写真撮影機材

 

| カテゴリ:家電 | 10:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック