WimiusQ1アクションカムにマイク端子(と、電気二重層コンデンサ)を追加してみた

アクションカムを使ってみて、風切音対策で外部マイクを使いたいなと思うようになりました。

ICレコーダーで音を別録りして合成しても良いのでしょうが、合成するのは面倒です。

 

で、Youtubeを見ていると、マイク端子追加工している動画がありましたので、私もトライしてみました。

ついでに、電池を外す度に時刻が狂う対策として、電気二重層コンデンサを追加しました。

今回加工したアクションカムは、WimiusQ1です。

 

WimiusQ1の基板、赤いレジストがカッコイイですね。

 

電気二重層コンデンサは、パナソニックのEEC-S0HD224VNを使用し、バッテリーと並列に繋ぎます。

電気二重層コンデンサは絶縁の為、熱収縮チューブを被せました。

 

マイク用のコネクタは、LINKMANのHLA-3531D2Aを使用しました。

ステレオ用である必要は無いのですが、小型、安価、スイッチ付という条件で選定しました。

マイクを差すと、内蔵マイクが切れるように配線しました。

 

赤丸部分のボスは、コネクタと干渉するのでカットしました。

 

配線した様子。元の筐体にはギリギリで入りました。

 

JUGEMテーマ:写真撮影機材

| カテゴリ:電子工作 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック