コードレス半田ごてを買ってみた。

自動車の配線加工とか、AC電源を引くのが面倒な場合、ガス燃焼式のコードレス半田ごてを使っていたのですが、コテ先だけでなく排気口の熱くなるので、意図しない箇所も加熱されて使いにくいと思っていました。

そこで、充電式のコードレス半田ごてを買ってみました。

半田やペースト、簡易コテ台が付属するフルセットです。

メーカーは不明m(_"_)m。

 

ボタンを押している間だけ加熱されますが、ボタンをおしつづけても3秒程度で切れます。バッテリーの保護でしょうか?。

多分、18650のリチウムイオン電池内蔵なので、バッテリーに負担が掛かっていると考えたら怖いです。

ボタンを押すと、意外と早く加熱されます。

 

充電は、コテ先の代わりに充電器を繋ぎます。充電器と言っても、USBケーブルなんですが...。一応5V→4.2Vに降圧してるっぽいです。

 

8Wなので、小さすぎるかなと思っていましたが、AWG22とかの電線を半田付けする程度なら問題無さそうです。

 

コテ台を持ち運ぶのがイヤだったので、本体をクリップで挟んで、簡易コテ台にしてみました。

鉄道模型界隈では、半田ごてにペーパークリップを付けてコテ台代用にするのが定番なので、真似ました。

今回使ったクリップは、ガスホースのクリップです(^^;)。

| カテゴリ:電子工作 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック