電気あんかのレビューと整備とか

5年ほど使用した「電気あんか」が不調になったので、新調してみました。


画像上が、今まで使用していた電響社さんの「DA-C06Y」。
画像下が、今回新調した山善さんの「YDK-654Y」です。


山善さんの「YDK-654Y」(画像上)のほうが5年程新しいので、コストダウンが進んでいるような感じがしますね。

どちらも「100V、60W」なんですが、
山善さんのは温度ヒューズが102℃で、電響社さんのは112℃と記載されています。
実使用ではバイメタルで温度調整されるので、温度ヒューズの温度はあまり関係ないかなとは思いますが...
使ってみた感じでは、山善さんのほうが温度が低い感じですね。
ユーザーが火傷しないように配慮しているんでしょうけど、「強」にしても雪国だとちょっと寒いなぁ。といった感じです。


さて、5年間の使用で不調となった電響社さんの「DA-C06Y」を分解してみました。

温度ヒューズとバイメタルとヒーターが直列になっているだけ...シンプルですね。

不調原因としては「断線」を疑っていたのですが...

バイメタルの接点が汚れていただけでした。
接点を清掃して復活したので、まだまだ主力として頑張ってもらいましょう。

JUGEMテーマ:家具・家電
| カテゴリ:家電 | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


スマホに機種変更してみた。

約5年弱も愛用した三菱電機さんの「D905i」からスマホに機種変更しました。


三菱電機さんが携帯電話事業から撤退してしまったので、ソニーモバイルコミュニケーションズさんの「SO-05D」にしました。
# エリクソンの名前が消えてしまったのが残念です...。 #


エレコムさんのシリコンケースを装着しています。


機種変更の際に、ちょっとしたトラブルがありました。

一般に、iモードからスマホに機種変更した場合、
1. SPモードに引き継げるサービスは引き継がれる。
2. SPモードに引き継げないサービスは解約になる。
との説明があります。
そして、
3. iモードメールアドレスは、SPモードメールに引き継がれる。
ことになります。

で、トラブルなんですが、
1. 私の場合、iモードとSPモードの両方を契約していたところ、iモード(と、iモード.net)を勝手に解約されてしまいました。
注:スマホに機種変更してもiモード契約は可能ですし、iモードとSPモードを両方契約しても、ISPセット割が適用されるので、iモード(あるいはSPモード)を単独で契約するのと料金は同じです。
2. iモードメールアドレスが引き継がれていませんでした。

販売施策による「ケータイデータ預かりサービス」加入条件で、SPモード単独であれば同サービスが無料のところ、iモード契約すると有料になるために解約手続きを取ったようです。
その際、自動での「iモード→SPモード移行処理」→失敗?→「SPモード解約」→再度「iモード→SPモード移行処理」という操作を行ったらしく、iモードメールアドレス消失という事態になりました。

結局、販売店&ドコモのサービスに問い合わせ、
1. iモードを再契約。
(2. 販売施策の「ケータイデータ預かりサービス」は有料で継続。)
3. メールアドレス変更で、従来のiモードメールアドレスを登録。
4. iモードアドレスとSPモードアドレスを入れ替え。
という手続きで、メールアドレス復旧までに丸2日掛かりました。

ということで、スマホへ機種変更する際は、充分気を付けましょう(苦笑)。

JUGEMテーマ:家具・家電


 
| カテゴリ:家電 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


中華単三型HiMH電池レビュー

1ヶ月ほど前に、BTYというブランド(?)の中華単三型HiMH電池を入手して使ってみたので、その印象とかを書いてみる。
なお、あくまでも個人的な印象であり、実態と異なることがあるかもしれないことを御了承願います。


↑電池の画像...BTYブランド(?)で、容量3000mAhらしいです。

まず容量ですが、中華電池なので本当に3000mAhあるかどうか疑問ではありますが(^^;;、VolcanoNZ(1300mAh)よりはあるような気がします。よって、それなりの容量はあるんじゃないかなと。
電圧...満充電から1週間経過した状態で約1.29Vでしたので、昔の高容量HiMH電池のような「自己放電が激しい」というほどではないかなと。但し、高容量タイプですから自己放電は多め...「使用直前に充電する」べきです。
# 充電してから3〜4週間経過後に、デジカメで使ったら「もう電池切れ!。」という感じでした。#
サイズ:直径14.1mm、長さ49.5mm(実測)でした。
直径はエネループや充電式EVOLTAとほぼ同じ...気分的には微妙に細い感じ。
長さはエネループや充電式EVOLTAよりも約0.5〜0.7mm短いです。
VolcanoNZとほぼ同じ大きさなので、機器によって装着できないということはまずないと思います。

全般的には、エネループ登場以前(約7年前)の国産HiMH電池同等かなといった感じの印象です。
前述したように自己放電が多めですので、私の場合は、デジカメを使う場合にメイン(充電してからすぐに使う)として使い、(自己放電が少ない)国内ブランドの電池(充電式EVOLTAなど)を予備電池として持ち歩くことで使い分けています。
| カテゴリ:家電 | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


中国製の互換バッテリーを買ってみた。

デジカメ代わりに使っているNokia製ケータイの予備バッテリーが欲しかったので、中国製の互換バッテリーを買ってみた。


純正のほうが安心なのは当然ですが、海外向けケータイのバッテリーなんて純正品であっても入手困難である上にネットで互換品が販売されていたことが理由です。
# 価格が純正品の1/3でしたし。 #

公称容量が純正品1000mAhであるのに対して、互換品は1150mAhとなり、15%増量です。
品質的には...ま、Nokia純正品も中国製ですからぁ。
といいつつ、気分的・風評的に、かなり不安です。当分の間は、ポケットに入れ使う気にはなれません(苦笑)。

JUGEMテーマ:家具・家電


 
| カテゴリ:家電 | 19:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


USB-ACアダプター買ってみた


USBコネクタにDC5Vを出力するタイプのACアダプターを買ってきました。
プラネックスコミュニケーションズさんの「PL-WUCHG01」です。
「XPERIA対応」という言葉につられてしまいました(_"_;)。
# XPERIA持ってないけど...。 #



Twitterで教えていただいたのですが、XPERIAをUSBで充電する場合、データ線(D+、D-)をショートする必要があるらしいです。
私が持っているNokiaさんの「5730 Xpress Music」も同様で、USB端子から充電する場合、データ線(D+、D-)をショートすると充電モードになります(実験済み)。

で、実験用自作回路では、単にデータ線(D+、D-)をショートしただけだったのですが、メーカーさんはどうしているのかな?。と、興味があったので、テスターで調べてみた。


メーカーさんも、ただ単にショートしているだけっぽいですね...。

ちなみに、無負荷でDC5.16V出力されていました。

ちょっと電圧高めですが、無負荷なので、こんなものでしょうか。

ところで、

パッケージには「USB-ACアダプタ」と書かれていますが、
AC入力→USB出力なので、「AC-USBアダプタ」なんじゃない?。と思ってみたり(^^;;。

JUGEMテーマ:家具・家電
 
| カテゴリ:家電 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


GPSロガー、ハンファ「PG-S1」レビュー(3)

・地点(ウェイポイント)の登録について


本体で地点登録すると、「MYPOINT」フォルダ内に拡張子「.myp」のファイルが作成されます。

本体液晶でもファイル名がそのまま表示されるのですが、登録地点が増えると「何の場所だったかな?。」ということになってしまいます(^^;;。

で、(本体を)マスストレージモードでパソコンに接続して、ファイル名を書き換えてしまうと良いでしょう。
このように(↑)変更するファイル名は、日本語でもOKです。

本体液晶でも、ちゃんと日本語で表示されます(↓)。


現地に行かないと、地点登録できないのでは不便ですよね?。
でも、拡張子mypのファイルを、メモ帳などのテキストエディタで開いてみると(↓)
緯度と経度が記載されているだけなんですね。
注:上の画像でxxxxxxのところは、実際には数字が入っています。

よって、テキストエディタで、緯度と経度を記したテキストファイルを、拡張子.mypとして、MYPOINTフォルダに入れてやれば、任意の地点を登録することが出来ます。


・MP3プレーヤー機能について

MP3プレーヤー機能もついています。
でも、市販のMP3プレーヤーのように、Windows Media playerで音楽ファイルを同期することは出来ません。
というのも...

↑「MUSIC」フォルダ直下に、音楽ファイルを置く必要があるからです。
注:サブフォルダ不可。
Windows Media playerで同期すると、アーティスト別にサブフォルダが作られてしまうので、再生されません。

こちらも、ファイル名は日本語OKです。



JUGEMテーマ:家具・家電


 
| カテゴリ:家電 | 21:53 | comments(4) | trackbacks(0) | - |


GPSロガー、ハンファ「PG-S1」レビュー(2)

早速GPSロガーとして、屋外で使ってみた。


今回は、乗用車のセンターコンソールに置いて走行したログデータを、付属のデータ結合ツール「Storyish」で地図上に表示してみました↓。

トンネル内では衛星を補足出来ないので、位置がずれてしまいますね。


でも、道路の左側に軌跡があったり、コンビニへの寄り道(苦笑)まで、きっちり記録されていますから、(私としては)精度は期待以上でした。

上の画像で「L」マークがついている場所は、本体の「Lap」ボタンを押した場所です。

なお、製品同梱の説明書には、ソフトウェアに関して何も書かれていないのですが、ソフトウェア・ドライバ類は本体に入っています(メーカーサイト参照)。


付属のデータ結合ツール「Storyish」では、デジカメで撮影したJpegファイルに、GPSの位置情報を結合することが出来ます。

↑キャノンさんのデジカメで撮影したJpegファイルに位置情報を結合して、ニコンさんの画像処理ソフト「Capture NX2」で(Jpegファイル内の)GPS位置情報を表示してみた。

GPSの位置情報が入っていることがお分かりいただけるかと思います。


JUGEMテーマ:家具・家電
 
| カテゴリ:家電 | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


GPSロガー、ハンファ「PG-S1」レビュー(1)


ハンファジャパンさんから発売されているGPSロガー「PG-S1」を買ってみたので、3回(予定)に分けてレポートしてみる。

今回は、IDAさんの通販を利用したのですが、↓このような注意書きが同梱されていました。

パッケージ材質の関係(?)で、パッケージに擦り傷があるんですよね...。
この辺が、海外製品のクオリティーです。


同梱物は、本体・説明書・USB-A⇔miniBケーブル・ストラップです。

この同梱されているストラップなんですが、本体のストラップ穴に入りません。
というのも...

元々ストラップ穴が小さい上に、バリで塞がってますからぁ。
# 私は、リューターで削りました。 #


ちなみに、韓国製です。
最近、何故か韓国製品に縁があるのですが、韓国製品ってクオリティーが低いように思います。
# 先日購入した韓国製PNDも、たまに暴走しますし...(_"_;)。 #
品質にこだわる方は、日本国内メーカーのブランドを選んだほうがよいでしょう。

充電は、パソコンとUSBケーブルで繋いで行います。
充電に関する注意点は、以下の3つです。
・充電中はGPSロガーとして動作しないこと。 2010.9.16訂正
・充電時間が非常に長いこと。
・充電完了後もパソコンに繋いだままにしておくと電池を消耗する。
・電源Off状態でUSB端子に外部電源を接続すると「画面にCharging」と表示され、電源をON出来なくなります。電源On状態で外部電源を接続すれば、外部電源を使用してもGPSロガーとして動作します。 2010.9.16訂正。

あと、初回使用前に時計を合わせること。
GPSロガーなので、基本的に時刻はGPSの電波に同期します。
でも、何故か「サマータイム」に設定されており、1時間ずれていました。
# 私の固体だけかなぁ?。 #
もし時刻が1時間ずれていたら、設定メニューで「Daylight Saving」がOffになっているか確認してみてください。


JUGEMテーマ:家具・家電
 
| カテゴリ:家電 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


セリアさんの充電用電池BOX

100円ショップのセリアさんに、「充電用電池BOX」というものがあったので、買ってきました。
単三乾電池2本を電源として、USB-AコネクタにDC5Vを出力するというものです。
パッケージによると、発売元は「片山利器株式会社」さんとのこと。


内部はこんな感じ↓。


筐体は、ネジ止めも接着もされていない上に、ツメでの固定もないので、簡単に分解できちゃいます。
5Vの昇圧型DC-DCコンバータが入っているだけですね。
コンデンサは、電解コンデンサが1つだけ...え〜!。
1次側が電池=安定しているってことで、パスコンは2次側だけという考えなのでしょうけど、割り切っていますね。
# 僕には、ここまで割り切った設計はできません。 #


↑これが、回路のメインとなるDC-DCコンバータ...メーカー・型番不詳です。
何Aまで対応なのかなぁ?。

セリアさんで「電池」といえば、「VOLCANO NZ」ニッケル水素電池です(^^;;。

というわけで(?)、早速「VOLCANO NZ」ニッケル水素電池で試してみた。


無負荷では、ちゃんと5V出ているようですね。

コストパフォーマンス抜群なので、H8とかAVRマイコンの実験回路用電源に便利かと思います。

JUGEMテーマ:家具・家電
 
| カテゴリ:家電 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


マイクロフォン買ってきた(名古屋へ行ってきました(3))

先日名古屋に行った折、ビックカメラさんでマイクロフォンを買ってきた。

オーディオテクニカさんの「AT9901」です。

EOS5Dmark2の動画撮影用に使おうと思ってます。
「AT9901」と「AT9902」で迷いましたが、店員のおねぇさん曰く「AT9901のほうが指向性が強い」とのこと。
このマイクロフォンは「プラグインパワー専用」ですが、EOSデジタルのマイク端子はプラグインパワー対応なので、問題無いはずです。

用途的には、ビデオカメラ用マイクロフォン(オーディオテクニカさんの「AT9942」とか、ソニーさんの「ECM-HGZ1」とか、パナソニックさんの「VW-VMS2」とか...)のほうが良いのでしょうけど、動画撮ることが滅多にないのに大型のマイクロフォンを持ち歩くのが嫌でしたし、価格的にも高価なので、小型・安価なICレコーダー用マイクロフォンを選択してみた次第。

カメラ内蔵マイクとの違いが楽しみです。


そのほかに、カメラストラップも買ってきました。

私、基本的にはカメラメーカー純正品を使っていたのですが、キヤノンさんの純正品って、種類が少なくてセンスが良くないような気がする...
# オリンパスさんやニコンさんは、メーカー純正アクセサリーだけでなく、販社やカメラクラブのオリジナル商品があって、デザインや種類が豊富なんですけど、キヤノンさんの場合は販社さんのオリジナルみたいなものが無いんですよね。 #

というわけで、社外品にしてみた。

ブランドなどは気にせず、デザインだけで選んだら、韓国の製品でした。

| カテゴリ:家電 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


<< | 2/9PAGES | >>