スノボを始めてみた(1)

JUGEMテーマ:スノーボード
今シーズンはもう終盤なのですが、スノボを始めてみましたので、日々の反省と忘備録を兼ねて経過を書いてみます。
なお、小生の勘違い等により誤ったことを書いているかもしれないことを予め御了承願います。​

実は、スノボを10年程前に2回ほどやったのですが、頭を打って記憶を(少し)失ったので、遠ざかっていました(爆)。
その時はレンタルボードで借りるたびにセッティングが違うので、「自分のボードを買わなきゃ駄目だなぁ。」と思っていました。
そこで、今回はmyボードを新調して、さらに念の為というか、万全を期すべく、まず近所のスキー場のスノボスクールに入リました。
(自宅から最寄りのスキー場まで、自動車で約1時間なのです。)
2時間(参加人数により変動)5000円(ネット予約割引あり)の一般レッスンをネットで予約して、早めにスキー場へ行き、受付と参加費支払いを済ませて、レッスンまでの空き時間にゲレンデに出てみました。
10年ほどのブランクがありましたが、ボードを履いて立つことはできました。
でも、滑れないんですね(苦笑)。
頭の中では、ボードの左側のエッジを立てれば左旋回、右側のエッジを立てれば右旋回というのはわかっているんですけど、その加減が全く分かっていません。
それに、私は右足が軸足なので、本来は右足が前(グーフィースタンス)になるんですが、初心者として始めるのでレギュラースタンス(左足が前)に矯正しようとしているので、余計に操作できない(と思いこんでいます)。
スクールに申し込んでおいて良かったです。
 
早々に退散して、スクールの集合場所で待機していると、
「一般レッスンの方ですね。」とイケメンの指導員さんに声を掛けられましたが...
「○×という者が担当しますので、もうしばらくお待ちください。」と言い残して、女の子2〜3人と去っていきました(笑)。
(一般レッスンではなく)プライベートレッスンのようです。
※:一般レッスンですと、参加者中で一番の初心者に合わせた指導になるので、ある程度滑れる方はプライベートレッスンを申しこんだほうが良いようです。
 
で、今回、私(というか、一般レッスン)担当の指導員さんは若い女性の方でした。他に参加者がおらず、マンツーマンになったので、レッスン時間は1時間半の短縮バージョンです。
レッスンは、まず、ボードを履くところから。
座って履くのではなく、立ったままで履きます。
1. 右足の先端でボードの中央を押さえて、左足をビンディングに固定。
2. 左足に装着したボードのエッジを(徐々に左側に移動させながら)雪面に何度も立てて、安定させる。
3. 片足(左足)で立てるように安定したら、右足をビンディングに固定する。
 
次にスケーティング。
左足をボードに固定したまま、ボードから外した右足で雪面を蹴って進むのですが...
ボードの前に右足を出したときに、足の裏が攣りました(爆)。
 
斜面を歩いて登る練習。
ボードを固定した左足を右足のすぐ後ろまで持ってくるのですが、重いボードの先端が上がらずに雪面を引きずってしまいます。
数歩で膝がガクガクです。
「何かコツがあるんですか?。」と聞いてみましたが、
笑顔で「慣れですね。私、全然筋肉使ってないんですよ。」と。
実際、指導員のおねえさんは、普通に歩いているように軽い足取りで、左足に固定されたボードは地面と水平に高く持ち上げられていました。
いやぁ、さすが鍛えておられるんですね。
(私の体力がないというのもあるのでしょうが)レッスン早々に、指導員のおねえさんとの体力差を見せつけられてしまいました。
かといって、私は体を鍛える気は毛頭ありません。
アスリートが体(を鍛えること)にプライドを持っているのと同様、運動嫌い(の私)には(運動しないという)プライドがあるのです(爆)。
なお、「スノーボードはゴルフと同じで体力要らないんですよ。スノーボードはバランスだけです。」と謙遜しておられましたが、そんなわけないでしょう...と思います。だって、プロゴルファーの腕は太いから(笑)。
 
そして、右足をボードに載せて(ビンディングに固定せず)滑走する練習。
これができないと、リフトから降りられないです。
「右足をギュッと前に押し出すようにすると止まる。」とのことでしたが、私の脚力では無理だったようです(苦笑)。
 
この後、リフトで移動。
リフトを降りる際に、盛大に転びました(苦笑)。
斜面とボードを平行にして(体を前向きに)斜面を下る練習。
エッジを立てて速度を調整するのですが、バランスが難しく、右膝に負担が掛かり力が入らなくなりました。
また、転倒した後、なかなか起きることができず、尻もちをついてしまいました(理由は後述)。
「進みたい方向を見て、その方向の腕を上げる。」
「止まるときは両腕を上げる。」
とのこと。
この練習では、私の場合「左腕が上がっていて左に進むから、左腕を上げる癖を治す(腕を下げる)。」ようにとのことでした。
ゲレンデでは、美人の指導員さんとのマンツーマンレッスンは結構視線を浴びてたようです(苦笑)。
そして、リフトで下山(苦笑)してレッスン終了でした。
 
この後は、進捗の早い人でしたら「木の葉滑り」という、ターンせずに横方向に滑る(鉄道のスイッチバックみたいな感じですね)方法や、斜面下方向に背を向けてつま先エッジで斜面を下る練習に進むハズだったようです。
なお、私のボードでは「(ビンディングの調整が悪く)ボードからつま先が大きく飛び出しているので、つま先側のエッジを立てられないのではないか?。」と指摘されました。
ビンディングを正しく調整してほしくて新品買ったのに、技術の無いお店で買ってしまったようです(涙)。
 
余談ですが、「ゲレンデでは女の子がかわいく見える」といわれるのは本当だと思います。理由として「雪面での光の反射で、光がきれいに当たる(レフ板効果がある)。」というのが挙げられていますし、カラフルなスキーウェアの効果もあるのでしょうけど、個人的には姿勢が良い(正しい姿勢でないと滑れない)からなんじゃないかなと。それに街から離れた冬山ですから、アクティブな(≒体系の良い)女性しか来ませんし。
| カテゴリ:日々の徒然 | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


無線式の呼び出しボタン

飲食店等で普及している無線式の呼び出しボタンですが、


ブラケットの存在に気付いていないお店もあるようですね(^^;)。

石川県金沢市にて。


JUGEMテーマ:家具・家電
| カテゴリ:日々の徒然 | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


大阪の赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫って、横浜、小樽、敦賀、神戸等が観光地として有名ですが、大阪にもあるということで、チラッと道路から見てきました。


なんか、いびつな形ですね。
横浜よりも規模も小さいようです。
あまり知られていないのも納得です。



クラッシックカーの博物館になるそうですが、オープン2日前なのに工事中。
展示車らしき、コルベットやスバル360が屋外に見えました。

オープンが待ち遠しいですね。
#私が行けるのは、いつになるやら...。#
| カテゴリ:日々の徒然 | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


動力車操縦者運転免許証の使い道

私が持っている資格の内、恐らく最も役に立たない資格が「動力車操縦者運転免許」です。

鉄道の運転免許なので、鉄道会社に勤めていない限り、使う機会はありません。


カテゴリーがいくつかありますが、鉄道会社に勤めていなくても取得可能なのは、
・無軌条電車
・第二種磁気誘導式電気車
・第二種磁気誘導式内燃車
の3つであり、私が持っているのも、その3つなんですが、
世の中に実物が存在する「無軌条電車(トロリーバス、ガイドウェイバス)」はともかく、残り2つは「免許制度としては存在しますが、実物が世の中に存在しない」ということで、運転することは一生無いでしょう。

この免許証、なんか使う機会は無いかなと。

で、佐川急便さんの営業所に貼られていた掲示物を見ますと...

おお、店頭受取時の本人確認書類に「動力車操縦者運転免許証」があるじゃん!。
今度から「動力車操縦者運転免許証」を提示してみよっと。
# 「動力車操縦者運転免許証」には住所掛かれていないけど良いのかな(ボソッ)。 #

JUGEMテーマ:趣味
| カテゴリ:日々の徒然 | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


バイク試乗とか

今日は、県内2ヶ所でバイクの試乗会が行われていましたので、友人に連れられて行ってきました。

1箇所目は、スズキ協賛でのバイク屋さんの試乗会。
でも、試乗させていただいたのは、ホンダCBR650F。

自分のバイクがキャブ車の4気筒(FZR400R)で、クセがあるので、インジェクションってどうなんだろ?っと。
乗ってみた感想は、自分のキャブ車のようなクセは無いけど、大型なのにパワー感も無い。良くも悪くも中型感覚で乗れますね。
あと、エンジンがガサツというか、ゴリゴリ感があって滑らかではないと。
ホンダのエンジンって、そんな感じなんですかね?。
自分はヤマハに慣れちゃっているから、ヤマハじゃないとダメっぽいです。

2箇所目は、ハーレーの展示試乗会。

会場の関係なのか、ブランド力なのか、大盛況でした。
スタッフの某おねいさん、3輪のトライグライドに乗っているそうで...かっこいいですね。
スタッフの皆さんとお話しすると、本当にハーレーが好きなんだという感じが良かったです。

JUGEMテーマ:車/バイク
| カテゴリ:日々の徒然 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


小牧ダム湖とか国道472号線とか

行き先を決めずに、ぶらっと日帰りドライブに行ってきました。
で、気が付くと、小牧ダム湖に居ました。


関西電力さんの発電用ダム湖ですが、遊覧船とかあるみたいなので、一応観光地なんですかね。
遊歩道にはダム湖を見下ろせる吊り橋もありました。
幅広で大勢が渡れそうな感じですが、許容200kg、大人3人までとか。
結構揺れます(=^_^=)。

国道471号線には、道路付替えで役目を終え、朽ちつつあるスノーシェッドが良い感じでした。

そして、国道360号線に行ってみようと、国道472号線を岐阜方向に進むと...

通行止めですか...orz。

この辺りは通行止めが多いですね。

国道472号線には、「洗い流し」(らしきもの)がありました。
国道における「洗い流し」は、国道157号線にある3箇所だけと思っていましたが、他にもあるんですね。


細い溝が掘ってあるので、厳密には洗い流しではないのかもしれませんが、水量が増えた時の為に、路面も窪ませてあります。


↑こちらは国道472号線の別の箇所。
こちらは路面にU字溝が埋められていますので「洗い流し」ではありませんが、この部分だけ舗装が違うみたいなので、水量が増えたら、洗い流しのように路面に流すことを意図しているんでしょうね。
 
| カテゴリ:日々の徒然 | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


ギョ、魚。

小舞子海岸で見掛けた車止め...

よく見ると、形状が魚なんですね。
でも、頭が上なので、なんとなくシュールな感じがします。
| カテゴリ:日々の徒然 | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


ソファ。

道路脇で見掛けたソファです。

柵の間にピッタリと収まっています。



座るために設置されたのか、単に柵の隙間を埋めているだけなのか...。
たぶん、後者だろうな。
| カテゴリ:日々の徒然 | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


劣化したスキー靴は、歩いただけで粉砕するんだ。

久々にスキーに行ってきました。
十年ぶりくらいです(苦笑)。

なので、体を慣らすだけなので、近場のスキー場です。


「白山セイモアスキー場」に改名してからずいぶん経つのに、案内板は旧名「金沢セイモアスキー場」のままですね。


こじんまりしたスキー場ですが、景色は悪くないです。

地方のスキー場なので、土曜日なのに、リフトの待ち時間がゼロだったり、

ゲレンデが占有状態だったりして、
コソ練には最高でした。
#北陸なので、雪質はアレですが...。#

あまりに久々だったので...


スキー靴が、経年劣化で粉砕しちゃいました。
計画的な買い替えが必要ですね。
| カテゴリ:日々の徒然 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


児島ジーンズ

私は昔、普段はジーパンしか履かず、会社でも(上司に注意されつつも)ジーパン姿だったのですが、歳のせいかジーパンを履かなくなっていました。
履かなくなった理由は、いくつかあるように思うのですが、
愛用していたリーバイス「US505」の国内販売が無くなったこと。
そして、買い貯めていた「US505」が底を尽いたこと。
が主な理由のように思います。
もちろん、他のジーパンもいくつか買ってみたのですが、しっくりこないんですよね。

でも、ジーパンを履かなくなって、なんか老けたような気もしていて、1着欲しいかなというわけで、岡山に行ったときに国産ジーンズを買ってきました。
# 国産を応援したいという理由もあります...。 #

「Kojima Market Place」さんの独自ブランド「KMP」のジーンズです。
選んだ理由は「サイズ、形状」です。
# でも、かなり妥協しています。 #

私の好みは「スリムで股上が深い」ものなんですが、
最近売られているものは、
「スリム≒股上が浅い」
「股上が深い≒太めでゆったり」
しかないんですよね。

児島にはオーダーメイドを受けてくれるところもあるようなので、手元に残してあるリーバイス「551ZXX(復刻版)」(US505の原型)の寸法で作ってもらう手もあったかもしれません。
でも、ジーンズ≒作業着ということを考えると、やっぱりレディーメードが本筋でしょう。

自分にとっては、ン年ぶりのジーンズなのですが、
悪くはないけど、(私がイメージしているジーンズとは)なんか違うような気がする。
普通のズボンみたいな感じで、本来ジーンズが持っているはずの「頑丈」という印象が薄いんですよね。

私の結論、
「やっぱり、ジーンズ(≒作業着)を最もよく分かっているのはリーバイスさん。」なんだろうな。

またリーバイスのジーンズを欲しくなりました(苦笑)。
| カテゴリ:日々の徒然 | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |


<< | 2/47PAGES | >>